ストーム久保のブログ

語彙力は乏しいけどゲームについて書く

すとぉむとトラ

【キャラ難民】

 

新verのアビゲイルに対してアツくなれない

 

2017年7月26日から2018年12月16日まで心血を注いでいたアビゲイルに今、アツい気持ちをぶつけられない。

 

『倦怠期か?!』

 

楽しいと感じていた要素が削られてしまった新アビゲイル、昔と変わってしまったアビゲイルを私はまだ受け入れられていなかった。

 

しかしゲームに対する情熱はあるので、とりあえず時が来るまでは他のキャラクターを練習してモチベーションを保つことにした。

このアツい気持ちをぶつけられるキャラクターを探す年始が始まった。

 

まずはシーズン1に使用していたアレックスから始まり、話題のザンギエフ、シーズン4最初の新キャラクターの影ナル者などを試しに使ってみるもののシックリしない。

 

満足感を得ることができずにキャラクター選択を迷走をしていた最中、昔やろうかと思い立ったが性能が受け入れられなかったために諦めたサガットに目が止まった。

 

サガット、カッコいいな。使うなら、どうせなら

オゴウさんみたいにサガットを使ってみたい

 

去年から秘かに想っていた少年のような気持ちを糧に、普段なら選ぶことは無い飛び道具が主力のキャラクター

通称 弾キャラと言われるキャラクターを触ってみることにした。

 

突然出てきた「去年から密かに」という言葉の深みを持たせるために証拠の画像を貼っておきます

 

f:id:you_like_kubo:20190102213246p:plain  

          2018年9月 SCRにて                       

f:id:you_like_kubo:20190102213431j:plain

4gmaer様から受けたインタビュー記事にて(リンクはこちら→

プロゲーマー1年目のリアル。国内屈指の「アビゲイル」使い,ストーム久保選手が語るプロにとって大切なもの - 4Gamer.net

)

 

オゴウさんとは漫画「ウメハラ FIGHTING GAMERS!」単行本4巻の最後の方から登場した実在する人物、プレイヤー。プレイも見た目もカッコイイ。

web-ace.jp

 

さっそく教科書代わりにオゴウさんが活躍しているウメハラ漫画5巻、8巻を読みながらランクマッチでネットの海へ乗り出す。

 

マッチングするや否やまずはタイガーショットを心のゆくまま撃つ。

撃ちっぱなしである。止める人は何処にも居ない。

 

そしてしばらくしてわかったことがある

 

「めっちゃ弾(タイガーショット)飛ばれる!!」

 

所詮は今まで格闘ゲームの基礎を無視した裏ルートで戦ってきたプレイヤー

弾を予測して飛ぶのは得意だが、弾を飛ばれるのはもっと得意だったようだ。

 

飛び道具の使い方を格ゲー歴11年目にして学ぶとは思わなかったが、ありがたいことに時は年始で暇。いつも暇だけど特に暇な時期だ。

時間はあったのでひたすらランクマッチで対戦をしていく内にあることに気がつくことができた。

 

「飛ばれるということは、いつも弾を撃つタイミングで撃たなければいい」

天啓である

 

『ここだ!』

 

いつもは弾を撃つ場面でグッと撃つのをこらえる

 

我慢の甲斐あって相手は飛んできた

 

読み通り…その瞬間初めて理解できた

 

投げキャラを使っていた時に感じた、コマンド投げと打撃の2択を読み勝ったときと同じ気持ちを今味わっている

 

読み勝ちの気持ちよさを弾キャラも持っているんだ

 

私はこれまで勘違いをしていた。「読み合い 」という言葉は投げキャラ以外にはあまり当てはまらないものだと。

 

実際のところは全ての格闘ゲームキャラクターには形が違うだけで気持ちよい読み合いの場があるのだと、この時悟った

 

そして私は対空をミスって負けた

 

対空で昇龍コマンドを入れる文化が無かったのでとっさに技を出せなかったのだ

 

課題は多いのである。

現実は甘くない。

 

しかしこの課題の多さ、弾の奥深さ、対空と地上の意識のバランス

全てをキッチリやらないと勝てないしかっこよくないと気がついたときにはもうサガットにぞっこんでした。

 

今までとは系統が違うキャラクターを使えるようになるのはプレイヤーとして、今後幅を増やせるきっかけになるかもしれない

 

良いこと尽くしに思えたのでしばらくサガットをやっていました。

 

途中何度も苦しい組み合わせを経験して

『わかっちまったんだよ、このゲームはトリガーだってな』

と折れそうになったり、楽しい要素である弾撃ちが通じないキャラクターと出くわした時はもう苦しくて仕方なかった。

 

だって弾を吸収したり、抜けて来たり、終盤でVトリガーを発動されてから迫り来る暴力で逆転される試合ですよ?

そんな組み合わせが続いた時は2回心が折れました。

 

苦しかったので一度もLINEしたことが無い、某サガット使いの先輩に質問を投げつけてしまった次第です。

送信した後に冷静になり、既読が付く前に送信取り消しを押して失態を隠蔽しようとしたところ、先輩は残っていた久保からの質問を読んで答えをくれた。

 

その答えは投げキャラを使っているだけでは得ることができない世界だった

視野と発想の違いに感銘を受けて再びレバーを握る手に力を込める。

 

次の試合は絶対に対空を出す、初めは小さい目標でいいから頑張ろう

 

もう少しだけ続けてみよう

 

CAPCOM Pro Tour2019が始まるまでは...

 

twitter.com

 

www.twitch.tv

 

www.openrec.tv