ストーム久保のブログ

語彙力は乏しいけどゲームについて書く

フランス

どうも、ストーム久保です。

 今から先日フランスへ行った話を書きます。

 「先日フランスへ行った」

このワードだけで何も知らない人に対してマウントがとれそうな気がするので自然と文字を打つ指に力が入ります。

 

 2018.5/17日 フランスのレンヌにて開催されるゲームイベント「スタンフェスト」に参加するため、日本からアムステルダムを経由して行ってきました。

【フランス】もう語感と日々の刷り込みによりオシャレなイメージがあるこの国に行くことはとても楽しみな反面、あることを懸念していました。

 オシャレな国の土を踏んでいいのか?

 オシャレとは無縁、むしろ敬遠している私は原宿や青山などのオシャレ感漂う地に足を踏み入れる事ができません。それなのに国全体がオシャレな雰囲気のフランスを歩けるのか?という懸念が私にはあります。

イベントが開催されるレンヌという場所はフランスの中では田舎の方と前情報を得ていたので、田舎ならオシャレ度数も低いだろう…と考えて初日は恐る恐る街を散策してみることにしました。

 

f:id:you_like_kubo:20180526142838j:plain

f:id:you_like_kubo:20180526142714j:plain

f:id:you_like_kubo:20180526142744j:plain

 

                                         洒落ておる!

 どこを歩いていても目に付くもの全てオシャレに見える。レンガ調の建造物から言い表せないけれど良さを感じるこの国は上を向いて歩いているだけで楽しい気分になれる。そんな国今まで無かったな…

なんだよその天窓、レンガ、雰囲気、最高かよ

 

 やはりここも俺のような生き物が歩ける土地では無かったよ

感動と反比例して卑屈になっていく私は下を向いてホテルに帰るべく歩き始めました。

 

帰って寝るか…

 

 

待って?

 

ん?

おいおい

 

フランス、道端に犬のウ○コ落ちてる!

しかも結構落ちてる!強い日差しにやられて干からびてるウ〇コ!

あんまり飼い主が拾う文化が無いのか、結構落ちてた。フランス結構落ちてるんだ。(写真はさすがに撮れませんでした)

 

 ありがてぇ…普通なら一気にイメージを壊されたと憤慨するところだが、久保にとってはありがたかった。

オシャレと汚物で親しみやすさのバランスとってくれてやがる

表と裏、光と闇、ストリートファイターと鉄拳、何事もバランスが大事なんですね。漏らした犬と飼い主に「居てもいいんだよ」と言われた気がしました。

 一気に街に馴染んだ私は次の日の朝は一人で街を歩いて、いろんな路地に入ってパン屋で買い食いしたり公園でボーッとしたりと満喫。

フランスという国は人も土地も優しさに満ちているんだな、パンめっちゃ美味しいし。

 

 

 それと大会は17位タイ 20ポイントゲット

次に行くのはアメリカの大会 CEOの予定です。

 

小学生みたいな記事ですみませんでした。

                                          久保でした。